FA浅村が打ち明けた楽天移籍決断の理由「石井GMの言葉が刺さりました」

西武からFA宣言して楽天への移籍を決断した浅村栄斗内野手(28)が22日、現在の心境を語った。
終わって後悔したくなかった。苦しかったんですけど、環境を変えて自分のレベルアップにつなげたい気持ちが強かった。決めて今はホッとしていますと決断に至るまでの思いを語った。
その中で楽天への移籍を決断した理由については「自分の中では一番マッチしている球団なのかなと。本当に変わろうとしているチームだし、そこに自分が(求められて)行って変われるのならやりたいなと。(石井GMからは)絶対に活躍してやろうとか思わなくていい。」
とにかく浅村が来てくれることで若い選手が見てくれるから、来てくれるだけで意味があるという言葉が自分の人生だし、自分の力で成功できるように必死にやりたい。決める時はいくら(周りに)相談しても自分の中では刺さりましたねと説明。「移籍することによる不安もありますけど、(西武を)出るからには楽天のために頑張りたいですし、自分の中では刺さりましたねと説明。」
そして、もちろん西武への思いがないわけではない。「本当に西武には感謝しかない。言葉で表せないぐらい感謝しています。」
10年前に獲ってもらい、育ててもらって、こういう権利も取れたんで今は感謝しかない。自分勝手ですけど、環境を変えてやりたい。(23日のファンの皆さんに育ててもらったことは紛れもない事実。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。