DeNA田中浩康「2年間は夢の続き」引退あいさつ

DeNAが23日、横須賀スタジアム他2会場で「横浜DeNAベイスターズファンフェスティバル2018」を開催し、今季限りで現役を引退した田中浩康内野手(36)の引退セレモニーを行った。
そして全国のプロ野球ファンのみなさん、14年間本当にありがとうございましたと頭を下げた。あいさつ後は、ベンチから続々と出てきたチームメートの手で7回宙を舞った。引退セレモニーの前に行われたキックベースには、2年連続ブルゾンちえみのコスプレで登場。
左前打を放った。「球団から仕事のオファーが来たと思ったらこれでした。まさか引退試合がキックベースになるとはと会場を笑わせた。」
引退後の進路については「野球界の力になるために経験を積んでいきたい」とし、学生野球資格の回復を目指すため、研修に参加する予定だ。「できれば指導者になりたいが、野球の仕事は指導者だけではない。幅を広げたいと新たな1歩を踏み出す。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。