【巨人】原監督、広島・丸と熱烈初交渉「気持ち伝えた あとは吉報を待つ」

巨人が24日、都内のホテルで国内FA権を行使している広島・丸佳浩外野手(29)と初交渉を行った。
すがすがしい気持ちだった。原監督は、報道陣の輪の前に立って自ら切り出した。都内のホテルで、石井球団社長と共に、丸との初交渉に臨んだ。
「会って話をすることができました。ジャイアンツとして、そして監督として誠意をお話しすることができました。あとは吉報を待つという心境でございます」。
このオフ、初めて“恋人”と対面を果たし、熱い思いを届けた。事態は急展開を迎えた。この日、丸は午前中に、セ・リーグ3連覇のお礼として広島市内の護国神社を参拝する球団行事に参加。
その後、上京して巨人側は広島を訪れての交渉を辞さない構えを見せていたが、広島駅で取材に応じた際には「(都内になったのは)お互いのスケジュールを調整して。別に(広島へ)来てもらうことが誠意だとは思ってないのでと長距離移動も意に介さず、誠実さをうかがわせた。」
交渉の席で、巨人側は複数年にわたる大型契約を提示し、背番号も原監督が背負った「8」を用意した模様。指揮官の口説き文句については「内容に関しては、今はまだ伏せておきたいと思います。ただ自分の誠意というか気持ちはきちんと伝えることができました」と語るにとどめた。
一方で「彼は18歳で広島に行って、そして現在、家族もでき、子供さんもできた。その中でもし東京に(引っ越し)とそうなった時には、という不安は当然ある中で、そういう話も出ましたね」と家族への充実したサポートも約束したようだ。宣言残留を認める広島、井口監督が出馬し、将来的な監督手形まで用意したとされるロッテとの三つどもえの争奪戦。
条件は全て丸のテーブルの上に載った形になった。丸は交渉後の取材対応はなかったが、巨人との初交渉に臨むにあたって「自分が疑問に思っていることを聞ければ。評価もそうですし、他にもいろいろ考えないといけない。」
納得する形で何とか早く決めないとと話していた。原監督は「あとは本人自身の答えを待つという立場になった」と神妙な顔つきで話した。思いは伝えた。
巨人と丸のFA宣言後の経過 ▼7日 国内FA権の行使を明言。「プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いてみたい思いはあるし、聞ける機会はなかなかない」。
4年総額17億円の大型契約を提示した広島は宣言残留も容認。▼15日 他球団と交渉解禁。▼19日 広島と直接の残留交渉。
これまでは代理人を通しての交渉で、鈴木球団本部長は「球団の考えを改めて話したかった」と直接ラブコール。条件の見直しはなかった。▼22日 ロッテと都内で初交渉。
井口監督が出馬し、6年30億円級の超大型契約に将来の監督手形なども提示。丸は「ぜひ、来てほしいというお話を頂いた。(誠意は)当然感じた」。
▼23日 広島のファン感謝デーに参加。残留を願うコイ党の声に「僕としても残留したいという思いもある」と揺れる胸中を明かす。◆丸 佳浩(まる・よしひろ)1989年4月11日、千葉・勝浦市生まれ。
29歳。千葉経大付高では高校通算49本塁打を放ち2年夏、3年春に甲子園出場。2007年高校生ドラフト3巡目で広島入団。
13年から6年連続ゴールデン・グラブ賞。昨季はリーグMVPとベストナインに輝き、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。177センチ、90キロ。
右投左打。既婚。年俸2億1000万円。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。