中日・堂上 現状維持でサイン 根尾加入でポジション争い激化も「負けない」

中日の堂上直倫内野手(30)が25日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、現状維持の3000万円でサインした。
使ってもらった試合で結果を出していないので仕方ないと唇をかんだ。06年ドラフトで3球団競合の末、中日に入団したかつてのドラ1。来季は自身のように4球団競合の末、中日に入団したかつてのドラ1。
内野手のポジション争いは激化するが「ここだけは負けないというのが自分の中である」と守備力をアピール。その上で、ポジションのこだわりは「ショートです!大変ですけど楽しい」ときっぱり。根尾、京田との正遊撃手争いに参戦するつもりだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。