遅球のファンタジスタ 傷ついたチームメートの言葉「軽く投げても130は超えるよな」

野球解説者の星野伸之氏(52)が25日放送の関西テレビ「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(日曜後0・59 通常は後1・59)に出演。
通算勝利数は歴代36位の176勝を挙げており、90年代を代表する名投手となった。星野氏の最大の武器と言えば、なんと言っても“遅球”。ストレートは最速で130キロ台のスローカーブやフォークボールを駆使し打者を翻ろう。
投球の際、球の出どころが分かりにくいこともあって、意外にも奪三振2041個)遅球は星野氏の武器でもあったが、コンプレックスでもあった。チームメイトがポソッと「軽く投げても130(キロ)は超えるよな…」の声にショックを受けることも。
球速表示を恥ずかしく感じ「スピードガンのない球場が良かった」とか。ファンに野次られることもしばしばで、「だから試合が長いんじゃという笑うに笑えない声も浴びせられたという。中でも遅球伝説の最たるものといえば、1990年9月20日の日本ハム戦。
星野氏の投じたスローカーブを捕手の中嶋聡氏が、素手で直接キャッチするという前代未聞の暴挙(?)に出た。星野氏はこの時を振り返り「(中嶋氏が捕って)すぐに返球してきたのがイヤでしたとポツリ。共演していた西崎幸広氏(54)の「星野より速いんすよ、(中嶋氏の)ボール(返球)が」とのコメントに、星野氏は苦笑いするしかなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。