【楽天】移籍1年目の山下、同期入団のソフトバンク甲斐の活躍&日本一に刺激「来年やり返したい気持ちが強い」

楽天・山下斐紹捕手(26)が26日、仙台市内で契約更改を行い、140万円アップの1200万円でサインした。
チームとしても個人としても大した成績ではないけど来年につながるいい経験が出来たかなと思いますと振り返った。古巣のソフトバンクは同期入団同い年で同じ捕手の甲斐の活躍もあって日本一になったのが自分の中で本当に悔しい。
来年やり返したい気持ちが強いと語気を強めた。来季は岡島が捕手に再転向し、ドラフト2位で大商大・太田も加入。捕手のポジション争いは今季以上に熾烈になることが予想される。
秋季キャンプでは課題のスローイング改善にも着手。手応えも十分にあるようで「(甲斐)拓也みたいにめちゃくちゃ速いスピードというよりも、正確に投げられる技術を身に着けていきたい」。目標には「壁は高いけど嶋さんを越してレギュラーをつかむことを目指したい」と嶋超えを掲げていた。
◆山下 斐紹(やました・あやつぐ)1992年11月16日、札幌市生まれ。26歳。千葉・習志野高では2年春にセンバツ出場。
10年ドラフト1位でソフトバンクに入団した。15年から17年11月にトレードで楽天入りし、登録名も戻した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。