【阪神】26歳・糸原が主将に就任…41歳・福留から若返り

阪神は25日、糸原健斗内野手(26)が来季の主将に就任することを発表した。
福留からは「気負わずやれよ」と励まされ、矢野監督も「(福留)孝介とかみんなと話したときも若いやつに…みたいな話になって。元気あるし。いい意味のプレッシャーをとプロ3年目にして指名の理由を明かした。
「今季はチームで唯一の全試合、フルイニング出場が目標。キャンプから全開でレギュラーを取りにいきたい」。
阪神では12年から鳥谷、17年から福留と看板選手が背負ってきた重責を担い、来季のさらなる成長を目指す。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。