【MLB】ダルら獲得に約185億円を費やしたカ軍編成本部長 辛辣NY紙「2018年の失敗」

カブスのダルビッシュ有投手は今季、故障に悩まされ8試合の登板に終わり1勝3敗、防御率4.95と苦しいシーズンを送った。
2年ぶりの世界一を目指したが、今季はワイルドカードゲームで敗れたカブス。大きな期待を込めて獲得したダルビッシュは右肘手術を行い、チャットウッドは4勝6敗、防御率5.30と後半は先発ローテに定着することなく大きく期待を裏切った結果となった。記事では2004年にカブスを108年ぶりに世界一に導いたエプスタイン氏の手腕を評価しながらも「2017年に1億6400万ドル(約185億円)をユウ・ダルビッシュとタイラー・チャットウッドという失敗した投手2人に投資したことは功績にはならないだろう」と疑問符を投げかけている。
ポストシーズンで見せた一塁手への蹴り、全力疾走を怠るなどの“悪態”もあり“マイナス査定”となった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。