巨人・菅野、エースナンバー継承へ「18」背負う 原監督「智之しかいない」

巨人・原辰徳監督(60)は25日、菅野智之投手(29)が来季からエースナンバーの背番号18を背負うことを明かした。
指揮官は「監督の立場ではあるけれども、やはり18番の重さというものは感じております」と、その番号の持つ意味を理解している。実績も十分で高い志を胸に、エース道をまい進する菅野だからこそ背負う価値があると判断した。
打診があった際、「いいんでしょうか?」と戸惑いを見せたという。しかし、指揮官の腹はもう決まっていた。「智之しかいない」。
熱き思いを感じ取った菅野は「分かりました」と受諾した。来年3月29日の開幕戦の相手は広島。
12球団最速の開幕投手公表は信頼の表れだ。今月へんとう腺の手術を終えた菅野に「苦しみを越えるといいことがある」と激励のメールを送ったという指揮官。来季は栄光の背番号を背負うエースと共にV奪回への号砲を鳴らす。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。