「静岡のジーター」常葉大菊川・奈良間が立正大合格

今夏の甲子園で16強入りした常葉大菊川の奈良間大己遊撃手(3年)が、立正大法学部にスポーツ推薦で合格したことが、26日までに分かった。
今夏は主将としてチームを率い、県大会で8割1分8厘の高打率をマーク。甲子園でも同校伝統の「フルスイング」でバックスクリーンに本塁打を放ち、「静岡のジーターと注目された。大会後には同校の根来龍真捕手(3年)とともに高校野球日本代表に選出され、正二塁手としてU18アジア選手権3位に貢献した。
菊川で生まれ育った奈良間。今後は活躍の場を大学野球の聖地・神宮球場へ移し、夢のプロへ飛躍する決意だ。【鈴木正章】◆奈良間。
堀之内小1年から野球を始める。菊川西中では小笠浜岡シニアで捕手。常葉大菊川では1年秋からレギュラー。
172センチ、66キロ。右投げ右打ち。50メートル5秒8。
高校通算20本塁打。家族は両親と兄。血液型A。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。