【MLB】2015年MVP三塁手ドナルドソンがブレーブスと契約合意 1年26.1億円と米報道

インディアンスからフリーエージェント(FA)となっているジョシュ・ドナルドソン内野手が26日(日本時間27日)、ブレーブスと1年2300万ドル(約23億1100万円)で契約合意に達した。
MLB公式サイトなどによると、ドナルドソンが1年という短期契約にしたのは、来オフに再びFAとなり、条件のいい大型契約を狙う目的があるようだ。今季開幕をブルージェイズで迎えたドナルドソンは、左ふくらはぎを故障して戦列を離れることが多く、わずか36試合の出場にとどまった。8月31日(同9月1日)にはトレードでインディアンスへ移籍。
ここでも16試合の出場に終わった。ドナルドソンはMVPに輝いた2015年には41本塁打、123打点で打点王となった他、2013年から昨季まで5年連続で20本塁打、551打点、打率.246、8本塁打以上を記録。メジャー8年で通算182本塁打以上を記録。メジャー8年で通算182本塁打以上を記録。
怪我に泣いた今季を終え、現時点で複数年契約を結ぶことは避けたいところ。同時に、若手選手の成長が著しいブレーブスにとって、30歳を越えたベテラン選手と長期契約を結んだ方が得策だと考えたようだ。若手選手の成長が著しいブレーブスにとって、30歳を越えたベテラン選手と長期契約を結ぶことは避けたいところ。同時に、若手選手の精神的支柱となる役割を託したいようで、両者の思惑が一致したと見られる。
また、かつてブルージェイズGMだったアレックス・アンソポロス氏が現在ブレーブスのGM職に就いていることも大きな要因と言えそうだ。ブレーブスはベテラン捕手ブライアン・マキャンとも契約合意に達したばかり。今季プレーオフでは地区シリーズで敗退したブレーブスが、来季のさらなる躍進に向けて積極補強に乗り出している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。