アボットがタイトル総なめでMVP 400安打の山田は特別表彰 ソフトボールリーグ 表彰式

11月26日、東京ドームホテルで「第51回(平成30年度)日本女子ソフトボールリーグ1部・2部 個人表彰式」が行われた。
打者部門では打率4割3分2厘の塚本智名(トヨタ自動車レッドテリアーズ)が初タイトルを獲得した。
1部リーグ個人表彰選手は以下の通り。最高殊勲選手賞:モニカ・アボット(トヨタ自動車レッドテリアーズ)防御率:1.59/5勝2敗野手:塚本智名(トヨタ自動車レッドテリアーズ)打撃率:0.348指名選手:アリソン・アギュラー(トヨタ自動車レッドテリアーズ)打撃率:0.23/12勝0敗最優秀防御率賞:モニカ・アボット 防御率:0.302二塁手:川畑瞳(デンソーブライトペガサス)防御率:1.59/5勝2敗野手:吉松梨乃(デンソーブライトペガサス)打撃率:0.23/12勝0敗首位打者賞:塚本智名(トヨタ自動車レッドテリアーズ)打撃率:0.23/12勝0敗首位打者賞:塚本智名(トヨタ自動車レッドテリアーズ)打撃率:0.23/12勝0敗捕手:清原奈侑(日立サンディーバ)リーグ通算400本安打。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。