<高校野球・新世紀>第7部 甲子園とは別に/1(取材後記) 魅力アピールで「硬軟」逆転も

初芝富田林が部員確保に成功しているのは、川之上晃一部長(49)ら関係者の努力があるのはもちろん、地域の特性も大きい。
同選手権の大阪代表校は過去15年間中14回をその3校(PL学園6回、河南3回)で占める。PL学園6回、初芝富田林5回、河南3回)で占める。PL学園6回、河南3回)で占める。PL学園6回、初芝富田林5回、河南3回)で占める。
田中監督によると、中学時代に硬式経験のある生徒が軟式に入ることもあるという。中学まで本格的な野球経験のない生徒が軟式に入ることもあるという。中学まで本格的な野球経験のない生徒が軟式に入ることもあるという。
競技の魅力が多くの人に伝わることが、競技人口減少の歯止めへの第一歩だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。