【28日の主な契約更改】巨人FA移籍組が更改 野上は現状維持 森福は3600万円減

プロ野球の巨人、ヤクルトで28日、契約更改交渉が行われた。
ソフトバンクからFA移籍して2年目の巨人・森福も契約交渉に臨み、30%(3600万円)ダウンの年俸8400万円でサイン。今季はわずか2試合の登板に終わり、「巨人を優勝させたいという思いで来て、2年間活躍できない悔しさがある。来年、ひと花咲かせることができるように頑張りたいと語った。」
ヤクルトは、開幕前に支配下登録された捕手の大村が100万円増の600万円で更改。「1軍を経験できたのはよかったけど、結果を出さないといけない。バッティングを期待されていると思うので、もっと確実性をあげたい。」
オフは目の色を変えて取り組まないといけないと決意を述べた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。