<高校野球・新世紀>第7部 甲子園とは別に/2(取材後記) 野球も勉強も自分のペースで

星槎(せいさ)国際八王子(東京)の小沼慶多監督(31)は元々、高校の硬式野球部の指導者だった。
指導をしていく中で選手に「やめてしまえ」と口にしたことがあり、そのことを後悔していたうえ、「やめた選手が行く学校はどんな所なのかという興味もあった。転職を決意し、昨年春から星槎国際八王子の教員になった。そこで感じたのは、人は変われるということだという。
中学時代に不登校で人前で話せなかった選手が野球を通じてどんどん明るくなり、学校のイベントで富士山に登頂した。小沼監督は「出会った時と印象が180度変わった」と驚く。生徒が自分のペースで登校し、野球も勉強も伸び伸びできる通信制の良さを感じた。
最近は選手が参加できる地域の草野球チームを探している。進学先の専門学校や就職先の企業を辞める同校OBがおり、「卒業後も彼らのよりどころを作ってあげたいと考えている。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。