2年連続日本一のホークスが断行した戦力整理…五十嵐、攝津ら19選手が戦力外

クライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり、2年連続の日本一となったソフトバンク。
クライマックスシリーズの出場すら危ぶまれる危機的状況にあった。だが、そこは豊富な戦力層を誇る常勝軍団。アリエル・ミランダというシーズン中の補強、大竹耕太郎や高橋礼といった若手の抜擢が功を奏し、夏場にかけて一気にチーム状態を上向かせた。
2位に終わったものの、中盤の苦戦を見れば、よく持ち直したと言えるだろう。日本一に輝いて迎えたオフだが、かなりドラスティックな戦力整理に踏み切った。日本一決定の翌日に五十嵐亮太投手や攝津正投手、吉村裕基外野手、城所龍磨外野手といったベテラン勢に構想外を通告。
育成で再契約を結んだ若手も含めると20選手の人員が整理されたこととなる。今季で引退や戦力外となった主な選手の人員が整理されたこととなる。今季で引退や戦力外とした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。