MGMリゾーツがMLBと包括的パートナーシップ契約を締結 日本市場でも展開へ

統合型リゾート運営大手のMGMリゾーツ・インターナショナルとMLBは28日、日米における新規包括的パートナーシップ契約を締結したと発表した。
MGMリゾーツ・インターナショナルは日本での統合型リゾートの建設を目指し、MGMリゾーツ・ジャパンを設立。「これまで長きに渡り友好関係を築いてきた日米野球文化のさらなる発展に貢献できることを大変光栄に受け止めています。こうした日米野球文化のさらなる発展に貢献できることを大変光栄に受け止めています。こうした日米野球文化の発展に貢献できることを大変光栄に受け止めています。」
この発表を通じて、MLBのロブ・マンフレッドコミッショナーは「今回の合意にあたっては「試合の公平性を守る」という私たちの最優先目標を達成するために必要な措置を入念に講じています。MGMリゾーツは、野球ファンの皆さまとの交流をとても楽しみにしています。
とコメント。また、MGMリゾーツ・インターナショナルのジム・ムーレン会長兼CEOは「今後、すべての野球ファンに向けた革新的かつユニークな体験を共に創造していくことが楽しみでなりません。MGMが世界に誇るエンターテインメントと蓄積してきた技術的ノウハウをMLBが保有するデータと組み合わせることで、スポーツ業界の変革を共に推進していくことができます」などとコメントを出している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。