ジョンソン 守護神も 正式契約前だけど…阪神・矢野監督示唆 競争で相乗効果

阪神とすでに基本合意に達しているピアース・ジョンソン投手(27)=ジャイアンツ=が来季ストッパーとして起用される可能性が28日、浮上した。
現時点では正式契約を結んでいない状況で「どこまで言っていいのか難しいところで」と言葉を選びながら、ジョンソンの可能性に触れる。「抑えも?もちろん、どっちかっていうと後ろになってくると思うし」。矢野監督が新助っ人の守護神起用をにらんだ。
まずは来年2月の春季キャンプや実戦で適性を見極めていく。今季メジャーで37試合に登板。3Aでは11・9という奪三振率を誇るジョンソンについて、「実際自分の目で見てみないと分からないしと矢野監督は慎重な構えを見せる。」
ただ新助っ人の加入で、再びストッパーの座を目指す藤川や今季まで2年連続30セーブのドリスとの、過熱する三つどもえの守護神争いがチームに相乗効果を生んでいくはずだ。同時に求めるのはリリーフ陣への競争原理。「刺激は欲しいよね。」
球児、能見とかさ、桑原。そういうピッチャーの中にと指揮官。先発スタートさせる方針の小野を場合によってはリリーフとして起用する案も念頭に置く。
最下位からの逆襲を図る来季への戦い。「色んなパターンがと状況に応じた臨機応変の継投策も温める矢野監督。競争意識を高めながらブルペン陣を充実させていく。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。