ヤンキース、トレイエス内野手をカブスへ放出

ヤンキースは28日、選手1人か金銭を得るトレードでロナルド・トレイエス内野手をカブスへ放出した。
2016年からヤンキースの一員になると主に内野のユーティリティープレーヤーとして2017年は108試合に出場したが、今季はマイナー暮らしが長く続き、メジャーでは41試合の出場で打率2割8分、7打点にとどまっていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。