巨人野上は現状維持1.5億円、森福は30%減の8400万円…28日の主な契約更改

プロ野球では28日、複数球団で契約更改が行われた。
FAで新加入した野上亮磨投手は現状維持の1億5000万でサイン。先発ローテの柱として期待されたが、4勝4敗、防御率4.79に終わった。来季は3年契約の2年目となる。
森福允彦投手は3600万円減の8400万円で契約更改。FA加入から2年目を迎えた今シーズンは1軍登板わずか2試合、防御率13.50と大乱調。30%減の厳しい評価を受けた。
畠世周投手は480万円減の1920万円で契約更改。昨季ルーキーながら72回1/3で防御率2.99の好成績を残し今シーズンの飛躍が期待されていたが、ケガの影響で出遅れ、リリーフで9試合の登板にとどまった。巨人ではその他に戸根千明投手、石川慎吾外野手、吉川大幾内野手が契約を更改した。
また、ヤクルトは寺島成輝投手、屋宜照悟投手、ジュリアス投手、蔵本治孝投手、沼田拓巳投手、ジュリアス投手、ジュリアス投手、ジュリアス投手、大村孟捕手、渡邉大樹内野手との契約を更改した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。