巨人阿部は5000万円減の1.6億、楽天藤田も4400万円減…29日の主な契約更改

プロ野球では29日、複数球団で契約更改が行われた。
巨人では、吉川尚輝内野手が1500万円増の2800万円、山本泰寛内野手は50万円増の1850万円で更改した。日本ハムは7選手と来季の契約を更改。ルーキーの清宮幸太郎内野手は50万円増の1850万円で更改した。日本ハムは7選手と来季の契約を更改。
今季は53試合出場で打率.200、7本塁打、18打点の成績を残した。復帰1年目の鶴岡慎也捕手兼任バッテリーコーチは3000万円→6000万円でサイン。
今季は14試合の登板に終わり0勝0敗、防御率6.19の成績だった。来季は再びクローザーのポジションを狙っていく。また、清田育宏外野手は600万円減の推定年俸4400万円でサインした。
今季で2年契約を終えた楽天の藤田一也内野手は、野球協約の減額制限(1億円超は40%)いっぱいの4400万円減の1200万円、高校出1年目の藤平尚真投手は現状維持の1800万円、オコエ瑠偉外野手は200万円減の1200万円、高校出1年目の西巻賢二内野手は80万円増の580万円でサイン。今季はけがもあって90試合の出場にとどまった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。