渡辺恒雄氏 死亡説はデマだった 巨人・山口オーナー「危篤ですらない」完全否定

巨人・山口寿一オーナー(61)が28日、頸椎(けいつい)の一部を骨折し入院中の渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)が出社できるまでに回復していることを明らかにした。
8月中旬から入院生活を送っている渡辺氏について、グループ本社社長で球団トップの山口オーナーが“近況”を明かした。今月中旬にネット上で“危篤説”や“死亡説”のうわさが広がった渡辺主筆。容体が心配されたが、その不安を一蹴した。
「先週(22日)、会社に出てきました。非常にデマが流れて、うちの新聞社にも取材が殺到した。全くのデマなんだよね。」
亡くなったということもあり得ないし、危篤ですらなかった状態で、事実とは全く違う情報が流れたその頃は「そろそろ退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうか、という話が出ていた」という。現在も「退院はしようと思えばできる」とし、「今週以降も会社には来る。しばらくは病院と会社の往復にはなるが、おいおい、会社には戻ってくると思いますと説明した。
また、同じく入院中の長嶋茂雄終身名誉監督(82)の容体についても「入院が長引いてしまっているけど、快方には向かっていると聞いている。いずれ、退院されると思いますけどね」と回復途上であることを明かした同オーナー。「意思と体と、両方強い方なので大丈夫だと思いますと結んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。