DeNA・D2・伊藤、最高殊勲選手は「ほとんど意識していなかった」/東都

東都大学野球連盟は28日、秋季リーグ戦の表彰を行った。
春にバテたことで、夏練習を積めたことが結果につながった ◆首位打者・横井佑弥(国学院大4年) 「2年生の糸川、渡部が成長してくれた。」
捕手がしっかりしたチームは結果が出ると思ってやってきたので、優勝と、この賞は素直にうれしい ◆外野手・小郷裕哉(立正大4年) 「1番や3番を打つ自分がベストナインになれれば、チームも勝てるようになると考えてきた。」
東都で優勝してベストナインになったことを次(プロ)で見せられるようにしたい ◆五十幡亮汰(中大2年) 「鳥山監督から、「あきらめずに、腐らずにやっていけといわれ、4年間やってきて、秋にベストナインになれた。」
「最後けがせずに、がんばれたらとあらためて思った」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。