【楽天】6年目で最多9登板の元ドラ1左腕・森、80万増の880万円でサイン

楽天・森雄大投手(24)が30日、仙台市内で契約更改を行い、80万円アップの880万円でサインした。
ただ任された試合は壊すことなく、右打者に対しての投球は自分の中で自信になった部分があったのでよかったと振り返った。今年9月に就任した石井一久ゼネラルマネジャー(GM、45)からの期待は高い。GMが視察した9月14日の西武戦(メットライフ)では3回1/3を3安打1失点と好投。
石井GMが現役時代に着けていた背番号「16」の左腕ということもあってか、「いいピッチングはしていたんじゃないかなと思うとたたえていた。12年のドラフト1位で入団した森も来季は7年目となる。起用法に関しては現時点で未定。
「自分の中では中継ぎがあっているのかなと正直思っています」と言いながら、どちらでも対応出来るように準備は進めていくといい「先発であればローテに入って波なくいきたいですし、中継ぎであれば30試合投げて、イニングを50、60稼げるように頑張りたい」と目標を掲げていた。◆森 雄大(もり・ゆうだい)1994年8月19日、福岡市生まれ。24歳。
姪浜小4年から野球を始め、内浜中では3年秋に福岡県選抜で全国4強。東福岡高では1年から野球を始め、内浜中では3年秋に福岡県選抜で全国4強。
プロ6年通算で28登板、3勝6敗、防御率4・58。184センチ、74キロ。左投左打。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。