巨人菅野、偉大先輩が背負った背番「18」の誓い

巨人菅野が大先輩の面影を追う。
来季からエースナンバー「18」を背負う右腕は「偉大な先輩ばかりなので、追いつき追い越せで頑張ります」と目標にした。安定した守備を裏付ける考え方がある。「投手が関わるプレーは致命傷になることも多い。
安全が大事ですが、時にはリスク覚悟で先の塁をアウトにするプレーも必要だと思うと無難なプレーを第一にしながらも、果敢に1アウトをとりにいく臨機応変さの重要性を説いた。「基礎練習をおろそかにしない。意識を高く持つことが大事」。
日々の積み重ねを大事にし、大投手への道筋を歩む。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。