菅野&菊池は7回超、ボルシンガーは6回届かず…1試合当たりの平均投球回数

現代のプロ野球では、投手は“分業制”となっている。
もちろん内容がいいに越したことはないが、どの投手にも調子や体調の波があり、登板試合すべてでベストなわけではない。悪い時に悪いなりに試合を作ることができる投手は、リリーフを休ませることや、準備のタイミングが読みやすくなることにつながり、負担を減らすことができる。今季20試合以上の先発登板をしているピッチャーが、先発登板時に平均何イニング投げているのかを計算した。
※投球回は先発登板時のみ【セ・リーグ トップ5】○菅野智之投手(巨人)27先発 201回 今シーズン、自身初にして両リーグで唯一200イニングを投げて自責3以下)率も70.3パーセントと申し分なかった。
リリーフが軒並み不調だった巨人投手陣を補い、チームでリーグトップの防御率を残した原動力となった。
球団の投手事情から終盤にリリーフに配置転換されたあとも、イニング跨ぎも厭わないタフネスぶりをみせ、菅野とともに巨人投手陣を引っ張った。○大瀬良大地投手(広島)27先発 182回 リーグ最多の15勝を挙げ飛躍した広島の新エースが、平均6.74回 平均6.74回で3位となった。
シーズンを通して波が少なく、広島の3連覇に大きく貢献した。○ガルシア投手(中日)26先発 167回1/3 平均6.43回で4位だった。
ワースト2位となる73個の四球を与え、球数が嵩んだが、それに負けないスタミナを誇った。○東克樹投手(DeNA)24先発 154回 平均6.42回を記録。特質すべきは奪三振能力の高さで、セ・リーグで今季奪三振数(155)がイニング数を上回ったのは東のみだった。
去年の先発投手陣が軒並みケガや不調に苦しみ、リリーフの登板数が多くなったDeNAにおいて、ある程度のイニングを期待できる数少ない選手だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。