阪神・北條に“ダイビング禁止令” 久慈コーチ「練習では飛び込まなくていい」

左肩亜脱臼からの復活を目指す阪神・北條に“ダイビング禁止令”が出た。
鳴尾浜球場で守備練習を再開しているものの、来春のキャンプではノックなどで同じような打球を捕りにいった際に悪夢がよぎることも想像できる。久慈コーチは本人の恐怖感を察した上で、再発のリスクを考慮して練習に限ってはダイビングを控えさせる考えだ。さらに「(飛び込まずに)足をつかってね。」
そっちの方が逆にうまくなる可能性もあるとフットワークを生かして打球の正面に入ることで守備範囲が広がる“副産物”にも期待した。慣れ親しんだポジションに本格復帰する鳥谷、糸原、植田、熊谷、ドラフト3位・木浪(Honda)と激しい競争が予想される来季の遊撃争いで北條もレギュラーの有力候補。1軍キャンプ参加については現時点では未定で、久慈コーチは「本人はいけると言っていたけど。」
(年明けの)スタッフ会議でトレーナーの報告も聞いてからと慎重だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。