160キロ超えは当たり前、メジャーの剛腕たちが凄い! MLBベスト速球集2018

投手から放たれる剛速球はファンを魅了する。
まずはメジャーの“新速球王”カージナルスのジョーダン・ヒックス投手。動画ではすべてが100マイル(約161キロ)を超えている。
中でも105マイル(約169キロ)のシンカーは捕手が捕球できないほどに変化し解説者を驚かせた。そして続くのはヤンキースの“最速左腕”アロルディス・チャップマン投手。やや制球に難はあるものの豪快に足を上げるダイナミックなフォームから繰り出される速球は104マイル(約167キロ)をマーク。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。