【広島】松田オーナー、丸の巨人入りに今は「エール送る」

広島からFA宣言した丸佳浩外野手(29)が30日、巨人入りを表明した。
広島の鈴木球団本部長は、11月29日夜に電話で丸から巨人入りを決めたことを伝えられたと明かし「すごく痛い」と肩を落とした。94年オフの川口に始まり、江藤、金本、黒田、新井ら多くの主力がFAで国内外の他球団に移籍。丸には宣言残留も認めたが、結果的に流出を防ぐことができなかった。
「FAは失う覚悟で臨んでいる。危機感の中でチームが一つになれば」と同本部長。巨人からの人的補償については「リストが出て、それなりの選手がいればいくと思う」と話すにとどめた。
松田オーナーは「3連覇に貢献してくれ、球団としても大変感謝している。巨人はライバル球団にはなるが、今の段階では、エールを送りたい」とコメント。緒方監督は「カープを離れてしまうことは大変残念。
ただ、プロ野球選手としての権利なので決断を尊重したいと冷静に受け止めた。3連覇を支えたトリオ「タナキクマル」は解体となる。田中は「すごく寂しいけど、丸の人生。
頑張ってほしいとエールを送った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。