菊池雄星のスマホの流儀 食事で接触禁止するワケ

西武菊池雄星投手(27)が2日、スマホの使い方について持論を展開した。
そこから、スマホの使い方と頻度だと思いますと前置きして、こう続けた。「使い方について、話が進んだ。「使わない時には使わないと割り切れればいい。」
“ながら”になるのは悪影響がある。(スマホで)野球を見るなら、見ればいい。でも、勉強しながらメールを打つのは、本来の使い方じゃない司会者から、具体的にどうすればいいか聞かれ、続けた。
「音が鳴らないようにすればいいんです。勉強中は、鳴らないようにする。スマホをいじっている間って、呼吸が止まったり、浅くなるんですよ。」
無意識に。深呼吸ができなくなる。それは、全然よくない。
たとえば、本を集中して読みたいなら、スマホを身近な所に置いちゃダメ。メールが来ても、急に返信しないといけないことって、僕は職業柄、あまりないんで。30分、遅れて返しても問題ない“ながら”がダメなのは、勉強や読書に限らない。
「何かをしながら、は良くない。食事をしている時は、食事を楽しむ。たまにはいいけど、僕は後輩たちと食事をする時も「(スマホは)触らないで」という話はしています。
僕は良い先輩に巡り合って、基本的なマナーを教えてもらいましたまた、集中が大事というのは、プロで学んだという。「プロに入ってビックリしたんですが、ブルペンは、しんとしてて、みんな集中してるんです。そこで、50球、バババと投げて終わり。」
そういうところを大事にしてるんだな、と思いましたと経験を明かした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。