イチローはメッツ移籍のカノに何を囁く!? MLB公式インスタがファン参加型特集

マリナーズは1日(日本時間2日)、ベテラン二塁手ロンビンソン・カノと守護神エドウィン・ディアスをメッツに送り、代わりに5選手を獲得するトレードの合意に達したと、複数の現地メディアが報じている。
イチローは笑いながらグラブで口元を隠し、カノも笑顔でイチローを見つめるダグアウトでの光景は写した1枚からは、いろいろな会話が想像される。果たして読者はどんな会話を連想したのか。カノ:ニューヨークで優勝するぜ!イチロー:おい、ヤンキースじゃなくてメッツに行くんだぜ。
イチロー:ノーイチロー:ニューヨークに帰るんだって?カノ:ヤンキース?イチロー:メッツでプレーするなんて想像できる?イチロー:まさか。少し意味ありげな表情を見せる2人の様子に想像力をかき立てられたファンも多かったようだ。今季MLBの薬物規定に違反して80試合の出場停止処分を受けたカノを皮肉り、「薬物なしで、なんでそんなに素晴らしいんだとイチローに聞くという会話もあった。」
トレード拒否権を放棄してメッツへの移籍を受け入れたというカノだが、新天地では薬物禍を吹き飛ばすような活躍を見せつけたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。