【MLB】パドレスは菊池雄星獲得に興味も静観姿勢 プレラーGM「他の補強を進めながら」

パドレスのAJ・プレラーGMは11日(日本時間12日)、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す西武の菊池雄星投手について、長らく調査を進めていることを認めたが、「他の補強を進めながら、どうなるか判断したい」と静観の姿勢を見せた。
今月7日(同8日)にエンゼルスからフリーエージェント(FA)となったギャレット・リチャーズ投手を2年1550万ドル(約17億5800万円)で獲得。今年、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたディネルソン・ラメットがシーズン途中に戦列復帰する予定で、傘下マイナーで成長中の若手も合わせ、2020年の完全復活を期待しているという。
だが、来季に向けて積極的なアピールを続ける予定で「キクチについても話をしている」と候補に挙がっていることを認めた。ただし、現在はFA市場以上にトレード市場が熱気を帯びており、補強ポイントの1つでもある捕手を含め、トレードで獲得する可能性も十分。菊池獲得に向けて積極的なアピールを続けるのではなく、「他の補強を続けるのではなく、「他の補強を進めていくようだ。
菊池獲得に向けて興味を示す球団は多いものの、最優先事項に掲げるチームは限られてくるようだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。