【MLB】左膝と右肘の手術を受けたプホルスのリハビリは順調 エプラーGM明かす

大谷翔平投手のチームメートであるエンゼルスのアルバート・プホルス内野手が、シーズン中に受けた左膝と右肘の手術から順調に回復していると、ビリー・エプラーGMが明らかにした。
エプラーGMは「彼(プホルス)が調整に励んでいることは知っている。彼の労働倫理は誰もが理解している」とコメントした。プホルスは来シーズンの開幕に間に合うとアナウンスされているが、順調にリハビリに励んでいるのは間違いないようだ。
二刀流の大谷が来季は右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)のため、打者に専念する予定。トラウト、大谷とプホルスの早期復帰はチーム、ファンともに望んでいるところ。来季39歳になるプホルスだが、イチローの持つ現役選手最多の3089安打にあと7本と迫っており、復帰すればイチローを抜いて現役トップに立つ可能性が高い。
大谷とともに、来季もその雄姿を早い時期から見たいところだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。