【MLB】Dバックス、ツインズは菊池争奪戦から離脱か… ド軍ヘイゼンGM「救援が必要」

米ネバダ州ラスベガスで開催中のウインターミーティング。
また、これまで日本人選手の獲得に精力的に名乗りを上げてきたダイヤモンドバックスも、ここへ来て静観ムード。先発ローテにグリンキー、ウォーカー、ゴッドリー、レイ、ウィーバーらが名を連ねるほか、若手が育っていることもあり、先発よりも「救援と外野手の補強が優先事項だ」と明かした。いずれのチームも、日本からの移籍を狙う27歳左腕の実力は「素晴らしい」と口を揃えて認める。
だが、チームの補強プランと合致せず。今回は獲得を見送る方針に切り替えたようだ。米国東部時間1月3日午前7時)の交渉期限に向けて、菊池争奪戦の陣容が少しずつ明らかになってきた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。