ドラゴンズの聖地『ナゴヤ球場』3月オープン戦で復活 近くで“NEOラーメン”出す店主も期待

懐かしい“あの舞台”が一日限りの復活です。
「ナゴヤ球場!世界一のグラウンドだと思っております!またドームでお会いしましょう!ありがとう!」 1996年(平成8年)10月6日。ファンに惜しまれつつ、一軍最後の公式戦を終えたナゴヤ球場。あれから23年…。
(上山キャスター)「このナゴヤ球場で来年3月1日限定で1軍の試合が行われるんですね。どんな盛り上がりになるのか楽しみです」 現在、ドラゴンズの練習場や2軍の試合会場として使われているナゴヤ球場。実は、本拠地・ナゴヤドームが、ウィメンズマラソンの会場準備のため使用できません。
そこで、白羽の矢が立ったのが、かつての聖地でした。ナゴヤ球場といえば…。1974年(昭和49年)、巨人のV10を阻止し…。
色あせたイスは当時のままです。ブルペンが近いので試合の迫力が間近で感じられます 当時の面影がそのまま残る一方で、すっかり雰囲気が変わったところも…。(上山キャスター)「グラウンドに降りてきました。」
見渡してみると、外野席は撤去されていますね。そして以前はナイターも行われていたので、照明もあったんですけど、それも全部なくなっています 内野のスタンドも縮小され、かつて3万5千人が入った観客席も、今回は4000人分程度に絞られる見通しです。それでもファンからは期待の声が…ファンの男性:「楽しみだなと思いますね さらに選手からも…。」
亀澤恭平選手:「すごくいいことだと思いましたし、こっちの方がアットホームな感じがしますね」 一方、ナゴヤ球場の目の前にあるラーメン店「ラーメン専科 竜」では…。「ラーメン専科 竜の大将 吉田和雄さん:「この近所が活性化してくるしね、楽しみなオープン戦じゃないですか この店で、12月から出している新メニュー「NEOラーメン」!ドラフト1位の根尾昴選手が骨のある選手に育ってほしいと、大きな骨付きのスペアリブが2本入っています。
12月7日、ナゴヤ球場での一軍戦。
野武士軍団の想い出が蘇る一日になるかもしれません。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。