丸、炭谷、西、浅村どうなる? 過去のFA移籍選手から見る新天地で活躍する難しさ

オフシーズンの真っ只中にあるプロ野球界。
それぞれの選手が移籍を決めた各球団のファンにとっては、大きな補強となっただけに、来季への期待も大きければ、プレッシャーもこれまでの比ではなくなる。
現に、ここ数年でFAで移籍した選手は、前年度から成績を落とした選手が多い。過去3年でFAで移籍した選手を、移籍先球団別に見てみよう。成績は移籍前年度成績と、移籍初年度の成績。
【巨人】◯脇谷亮太(2015年、西武)118試合235打数69安打3本塁打22打点4盗塁 .157◯山口俊(2016年、DeNA)19試合11勝5敗0セーブ16ホールド 20.2回18奪三振 防6.43◯森福允彦(2016年、西武)118試合235打数69安打3本塁打22打点4盗塁 .157◯山口俊(2016年、DeNA)19試合11勝10敗0セーブ0ホールド 27回23奪三振 防2.86↓4試合1勝1敗0セーブ0ホールド 144回113奪三振 防2.86↓4試合1勝3敗0セーブ0ホールド 144回113奪三振 防2.00↓30試合1勝3敗0セーブ16ホールド 144回113奪三振 防3.63↓25試合4勝4敗0セーブ0ホールド 21回22奪三振 防2.00↓30試合1勝3敗0セーブ6ホールド 144回113奪三振 防2.00↓30試合1勝1敗0セーブ6ホールド 21回22奪三振 防4.79。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。