【MLB】菊池雄星、サポート体制は万全 通訳は野球経験を持つ23歳日系青年に決定

ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す西武の菊池雄星投手。
チーム首脳陣、監督、コーチ、チームメイトらとのコミュニケーションを手助けするだけではなく、日米の文化の違いを理解した上で、新しい環境に適応するサポートも求められる。家族以上に長い時間をともに過ごすパートナーには、選手が慣れない環境で感じるストレスを減らし、持てる実力を最大限に発揮するための気遣いが必要だ。その重要なポジションを任されるのは、バージニア大学で野球をプレーし、プロ入りを目指していたジャスティン・ノヴァック氏。
米国人の父と日本人選手のサポートにはうってつけの人物だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。