ヤクルト・石山、1億円でサイン!5200万円増、「日本『一』を目指す」

ヤクルト・石山泰稚投手(30)が12日、東京・北青山の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4800万円から倍増以上の年俸1億円でサインした。
石山が4800万円から5200万円増の1億円で契約を更改。満足そうな表情で、球団からの評価に感謝した。「今季やってきたことを評価してもらえた。」
今までで一番いい成績だった。これを続けていくことは難しいことだと分かっていますが、来季も頑張りたいです 今季は中継ぎのスタートから、5月に抑えに転向。
シーズンは3勝2敗7ホールド、防御率2・08、そしてともにセ・リーグ2位の71登板、35セーブをマークした。ただ、チームも自身も惜しくも「2位」ばかり。「漢字の日だったこの日、右腕はさらに上を見据え、来季の一字に「一」を記した。
「やっぱり優勝というのが「一」番。来年はリーグ優勝、日本「一」を目指して頑張りたいと語り、その上で「シーズンが終わってからタイトルや数字がついてくればいい」とうなずいた。右膝の炎症で日米野球を辞退も、回復は良好ですでに東京都内の施設でトレーニングも再開している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。