広島・会沢翼 パワーアップで球界を代表する捕手に

【宮入徹の記録の風景】65年ぶりにチーム記録を塗り替えた。
広島の捕手でシーズン2桁本塁打は他に76年水沼四郎の11本塁打があるだけ。1人で2度は会沢が初めてだ。
今季12球団の捕手をみても本塁打を放ったのは9月2日西武戦の若月の1本のみと寂しい結果に終わった。
ところで各球団の捕手シーズン最多本塁打はどうなっているのか。多い順に列記してみる。
お気づきかも知れないが、昨年まで広島の最多記録の門前真佐人は今でもDeNAの球団記録保持者として残る。記録を作った50年といえばチーム創設1年目(当時大洋)それから68シーズンが経過しているに破る選手が出てこない。
ちなみに今季DeNAの捕手最多本塁打は嶺井の5本。門前の記録はラビットボールという飛ぶボールを使用した時代のものだが、DeNAが今後パワフルな捕手をどう育てて行くか注目したい。話を会沢に戻そう。
今季は106試合に出場し、315打数96安打、打率・305と規定打席に足りて打率3割以上は96年西山秀二(・314=8位)が最後。規定打席に足りて打率3割以上は96年西山秀二(・314=8位)が最後。規定打席不足ながら打率3割をキープした。
来季は丸がチームにおらず、各選手の打力底上げは喫緊の課題。会沢も規定打席に達し最低でも「打率3割、20本塁打」はクリアしたいところだろう。さらに守備面での改善も欠かせない。
広島はリーグ3連覇中だが、会沢のこの間の盗塁阻止率は16年・250(リーグ5位)、18年・263(同4位)リード面での負担が大きかったのか全て4位)リード面での負担が大きかったのか全て4位以下と物足りない数字が残った。
強肩が復活してもおかしくない。56年以降、広島の捕手でシーズン盗塁阻止率1位は他に79年水沼四郎(・363)、05年倉義和(・404)、86年達川光男(・440)と3人。複数回記録すれば初めてになる。
会沢の「復肩」は4連覇達成の重要なポイントといえそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。