楽天銀次「次の仕事何しよう」小学生に苦悩過去告白

楽天銀次内野手(30)が13日、岩手・宮古で小学校訪問とクリスマストークショーを開催した。
壁を乗り越えた自らの経験を踏まえ「得意なこと、好きなことをとことんやってほしい。チャンスはいっぱいある。何にでもなれる」とメッセージを送った。
野球少年が数多く集まったトークショーでは「変化球は“点”で打つ。真っすぐは“線”で打つ」と小学生にはややハイレベルながら、熱のこもった打撃指導を展開。「この中からプロ野球選手が出てくれればと願った。
今季を振り返り「ちょっと打てないと、当てるのは得意なので、手だけで打ってしまう。チームも勝てなかったし、一番悔しいシーズンだったかもしれない」と唇をかむ。秋季キャンプでは新任の金森栄治1軍打撃チーフコーチとともに下半身主導でボールを引きつけて打つ技術習得に励んだ。
「シンプルに言うと“手を使わない”。足なんです。手で打とうとすると、どうしても、前でさばこうとしてしまう。」
下半身を使うことでヘッドも走って、引きつけて打てると違いを実感している。着実に増えた打撃の引き出しは、揺るぎない手応えを生む。「ここで(進歩が)止まっちゃ、ダメでしょ。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。