菊池雄星 ロスで複数球団と面談へ ボラス氏語る 

ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)の代理人スコット・ボラス氏が12日(日本時間13日)、獲得希望のあるメジャーの複数球団と今月下旬に直接、米ロサンゼルスで面談することを明かした。
現時点ではマリナーズやジャイアンツなど複数球団が獲得の意向を示している。交渉の期限は来年1月2日、米国東部時間の午後5時(日本時間3日午前7時)までだが、ボラス氏は「もし条件が合致すれば、短期間で合意となるだろう。1月2日の前に決まるのは確かだ」と自信を見せた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。