西武1位松本航に菊池雄星、高橋光成の背番「17」

西武ドラフト1位の日体大・松本航投手(22)の背番号が「17」となることが12日、分かった。
後継者として、松本が選ばれた。菊池も入団1年目から4年間、背負ったように、近年は投手陣の柱となって欲しい新人選手に託されてきた。過去には、高橋直樹(82~85年)新谷博(92~99年)許銘傑(00~03年)など、実力者が背負った番号でもある。
最速155キロで、大学屈指の右腕である松本にふさわしいと判断された。辻監督は「のちのち、うちのエースとなれるように。ローテを守れる、ひとシーズンを投げきれる投手になって欲しい」と期待を膨らませている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。