過去の主な人的補償、新天地でタイトル獲得した選手も

オリックスから国内FA権を行使した西勇輝投手が阪神入りを表明。
(敬称略) 人的補償となった最初の選手は、巨人・川辺忠義だった。95年オフ、日本ハム・河野博文が巨人に入団し、95年オフ、日本ハム・河野博文が巨人に入団し、95年まで1軍登板なし。
日本ハムに移籍した96年5月12日・近鉄戦でプロ初登板初先発。結果は敗戦投手だったものの、同19日のロッテ戦で初勝利。この年は17試合で1勝3敗、防御率4・89。
以降、1軍登板はなく現役を退くことになった。横浜・門倉健は06年にFAで巨人へ。工藤公康が人的補償となって横浜へ移った。
06年の門倉は28試合で3勝2敗、防御率3・91の成績を挙げた。一方、06年の工藤は先発13試合で3勝2敗、防御率4・50。
翌07年は12試合で1勝5敗、防御率5・97だった。07年オフ、西武からヤクルトに渡った福地寿樹は2年連続で盗塁王に輝いた。石井一久のFA移籍に伴って、ヤクルトに渡った福地寿樹は2年連続で盗塁王に輝いた。
打撃でも08年に打率・320、9本塁打61打点。自己最高の数字だった。同じく07年オフ、広島・新井貴浩の阪神移籍に伴い、赤松真人が広島へ。
赤松は翌08年、これまでよりも1軍出場試合数を大きく伸ばして、125試合で打率・257、7本塁打、24打点。12盗塁をマークした。ソフトバンクで抑えを務めていた馬原孝浩は12年に人的補償でオリックスへ。
寺原隼人のFA移籍によるもので右肩手術からの完全復活を目指していた。12年は、55試合の登板で1勝4敗32ホールド、防御率3・55の成績を残した。
新たな所属球団で、飛躍的な活躍を見せたのは巨人から広島に移った一岡竜司。13年オフ、大竹寛のFA移籍で新天地へ。巨人時代の2シーズンでは13試合で0勝0敗。
ところが、広島初年度の14年は31試合で2勝0敗2セーブ16ホールド、防御率0・58。さらに、17&18年はいずれも登板59試合でブルペン陣を支えた。【FA選手獲得時の旧球団で上位1~3位(Aクラス)の場合、人的、金銭共に不要。
人的補償は、プロテクト選手28人と外国人選手、直近ドラフト獲得選手を除いた選手が対象。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。