3連覇の広島田中は1億8000万円、ヤクルト青木は3億3000万円…13日の主な契約更改

プロ野球界では13日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。
ヤクルトでは今季、日本球界に復帰した青木宣親外野手が交渉を行い、現状維持の3億3000万円でサイン。青木はヤクルト復帰のタイミングで3年総額10億円の契約を結んでおり、来季はその2年目となる。復帰1年目となった今季はチームトップの打率.327をマーク。
昨季の最下位から2位まで浮上したチームを引っ張った。ヤクルトでは青木のほか、原樹理投手と奥村展征内野手も契約を結んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。