巨人・原監督プラン!先発ローテ6枚目は「チャレンジ枠」

巨人・原辰徳監督(60)が13日までに来季の先発ローテーションに“チャレンジ枠”を設ける構想を明かした。
競争の中で、1人にお前調子がいいなと、いってみるのが理想 今季はエース・菅野と山口が2本柱として引っ張った。だが、チーム事情でシーズン終盤から山口は抑えに転向し、1年間ローテーションを守ったのは菅野のみ。だが、来季から山口は先発に戻り、ローテ入りは当確。
残り3枠は白紙で来年2月のキャンプ、オープン戦を通じて固める。その3枠は白紙で来年2月のキャンプ、オープン戦を通じて固める。
たとえ、3枠に入らなくても、原監督は“チャレンジ枠”と命名し“第6の男”のレベルアップを期待した。内海や大竹らベテランにも相乗効果が期待できる。「実力至上主義の熱い先発枠争いが繰り広げられる。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。