広島・今村、戻るぞV方程式「最低でも50試合」 今季は制球難…悔しい1年

広島の今村猛投手(27)が13日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、800万減の8700万円でサインした。
(登板数は)最低でも50試合と巻き返しを誓った。静かな口調にも感情がこもった。「悔しい1年だった」。
今季は43試合で3勝2敗1セーブ。防御率5・17に終わった。開幕当初は主に七回を担ったが、制球が不安定で6月下旬に出場選手登録抹消。
1軍復帰しても、勝利の方程式には戻れなかった。16年に67試合、17年は68試合に投げた。今季、本来の投球ができなかったのは勤続疲労が要因。
「気が付いたら、あった」。3年連続で結果を出す難しさを知った。「体のメンテナンスや、もっと考えてやらないといけないことがある」としながら、疲労が取れれば勝利の方程式に復帰する自信はある。
球団からも「絶対に必要な選手」と声をかけられ、モチベーションは高い。順調なら来季中に資格取得条件を満たす国内FA権については「全く考えていない」とキッパリ。まずはシーズンでの投球に集中する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。