杉谷拳士、今季の“ベスト”は…代打弾が大逆転サヨナラの口火切った一戦

今季パ・リーグで3位に食い込み、クライマックスシリーズにも進出した日本ハム。
明るいキャラクターもあって、球界きっての人気者となっている杉谷が「印象に残っている」と挙げたのは8月1日に帯広で行われたロッテ戦。一時は7-1と6点差をつけられながら、8回裏に怒涛の猛反撃を見せて一挙に5得点。さらに1点ビハインドの9回裏には近藤健介捕手の適時三塁打で同点とし、中田翔内野手の適時打で劇的なサヨナラ勝ちを収めた試合だ。
この試合で、逆転劇の口火を切ったのが、まさに杉谷だった。6点ビハインドの8回、先頭打者として代打で登場すると、左中間スタンドに飛び込む3号ソロを放ち、反撃の狼煙を上げた。ここから打線が繋がり、逆転サヨナラ勝ち。
「僕も打てましたし、まさかあそこからひっくり返すと思わなかった」と杉谷は振り返っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。