選手と一緒に悔しさを 14日、「FOR REAL」公開

◆「シリーズ史上最も重苦しい作品」  ベイスターズの2018年の戦いを振り返る球団公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-遠い、クライマックス。
辻本和夫監督(33)に撮影時のエピソードや見どころを聞いた。落胆、怒り、涙…。試合後のベンチ裏でありのままの感情をぶつける選手たちにカメラを向けてきた。
映像制作会社でドキュメンタリー映像の撮影を手掛けることになったという。「野球の現場は初めてだったので、まず選手との距離を縮めることに力を入れました」。チームに帯同するようになったのは開幕直前だった。
試合がナイターの日でも、早ければ午前10時に球場入りした。全体練習前の個人練習に励む選手とコミュニケーションを取ったり、打撃に悩む選手のフォームを連日撮影したりする中で、信頼関係を築いていった。グラウンドを後にするのはいつも深夜。
シーズン全143試合。休むことなく続いた撮影時間は、計400時間に及んだ。何よりこだわったのは臨場感だ。
「僕が見た現場にお客さんがいるように描こうと思った。特に負けた直後のシーンは、選手がカメラの存在を気にして気まずい空気になる。その感覚をあえて残したかった」 それが象徴的だったのは夏場に山崎が打ち込まれた試合後のこと。
守護神をカメラで追い掛ける姿勢に、仲間思いのロペスが怒りをあらわにした。ただ、翌日にロペスから「厳しい言い方をして悪かった。撮影することはあなたの仕事だと分かっている」と謝罪の言葉があったという。
辻本監督が「ドキュメンタリーであるならば今季は負けに光を当てることに意味がある」という考えで一致したためだ。
思うような結果を出せなかった選手たちが試合後に肩を落とし、悔し涙を流すシーンに、何を感じてもらえるか。辻本監督は「社会人になって仕事で涙することなんてめったにない。懸命にプレーする選手たちを撮影しながら背筋が伸びる気分だった。」
ファンにも作品を通じて選手と一緒に悔しさを思い出すツールにしてもらえたらと思いを込める。横浜ブルク13など県内6カ所を含む全国13カ所の映画館で上映。作品は来年1月にDVDなどでも販売される。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。