1年秋から4番 静高野球部の成瀬が駒大合格

今春のセンバツ甲子園でベスト16入りした静岡高の成瀬和人内野手(3年)が13日、東都1部リーグ・駒沢大のスポーツ推薦入試に合格した。
「甲子園で整列して校歌を歌ったことが1番の青春でした。たくさんの人が応援に来てくれて、拍手してくれたのがうれしかった」と振り返る。一方で3年時に伸び悩み、思うような活躍ができなかったことを悔しがる。
足りなかった点として挙げるのは「安定感」。調子がいいときは1試合に3本も4本もヒットが出るものの、一度調子を落とすと快音が止まってしまう。「技術的にまだまだです」。
大学でのテーマは「限界への挑戦」だ。4年後のプロしかないつもりで自分を追い込み、1年春からのベンチ入りを目指す。静高OBで3学年上の平野英丸内野手(3年)がレギュラーで活躍しているが、「背中を追いかけるつもりはありません。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。