95年9・1以降生誕対象 直メジャー確率↑/解説

社会人野球を統括する日本野球連盟は、米大リーグ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を交わしたパナソニック・吉川峻平投手(23)が、契約時の規定違反で「永久追放処分」を受けたことで、大リーグ球団との接触ルールの徹底を求める通達を加盟全チームに出したことが13日、分かった。
高校からメジャーを目指した花巻東(岩手)時代の西武菊池、エンゼルス大谷は94年以前の生まれで対象外。社会人2年目で、ドラフト候補選手は、ほぼ全員が登録対象となる。
(1)高校、大学生が“直メジャー”を目指す場合 導入前より、およそ1シーズン遅れる。高校3年の年に事前登録は不可能なため、卒業後の翌年5月15日を待つことに。当然2月のキャンプも参加できない。
契約可能になるのはシーズン終盤戦に入る7月2日から。大学生も同様になる。(2)社会人が“直メジャー”を目指す場合 シーズンオフなどに退社し、登録抹消して5月15日を待つ。
来年の高校生ドラフト候補は、大船渡(岩手)佐々木朗希投手、星稜(石川)奥川恭伸投手、星稜(石川)奥川恭伸投手、創志学園(岡山)西純矢投手(いずれも2年)ら好選手がそろう。
08年に田沢がレッドソックス入りしたのをきっかけに制限が設けられたため、通称として呼ばれる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。